ヒゲ脱毛の痛みはどのくらい?ヒゲ脱毛に感じる痛みを徹底調査!

ヒゲ脱毛の痛みの原因・対策を調査

朝そったのにもうジョリジョリする…。

すぐに生えてきてしまうヒゲの濃さに悩んでいるメンズは多いはずです。

青ヒゲは女性ウケも最悪ですし、それを知っているアナタが自分の容姿に自信を持てず、恋に臆病になっていたらもったいない。

そこで、最近は男性のヒゲ脱毛に力をいれるメンズ脱毛サロンや医療脱毛クリニックが増えています。

しかし、口コミを見ると施術中の痛みが強すぎて辛いという、不安を煽る内容がおおく聞こえます。

本記事ではヒゲ脱毛の痛みがどのくらい強いのか、痛くない医療脱毛クリニックとメンズ脱毛サロンの見つけ方をご紹介します。

ヒゲ脱毛が痛い理由は?メンズ脱毛に痛みが伴う理由

ヒゲ脱毛に通っている男友達から話を聞くと、痛すぎて涙がでてきちゃうよという内容ばかり。

濃すぎるヒゲにいくら悩んでいても、そんなに痛みが強いなら本当は通いたいけど、やっぱり通うのは辞めておこうかな…と思ってしまいます。

当たり前ですが、メンズのヒゲ脱毛は費用もけっして安い金額ではありません。

それだけに途中で施術の痛みに耐えきれず、中途半端な状態で辞めてしまうのは時間もお金も勿体ない。

実は、ヒゲ脱毛をおこなう上で、痛みが伴うのは仕方のないコトです。

しかし、医療脱毛クリニックやメンズ脱毛サロンによっては、“痛みの対策”をおこなっている所もあります。

  • なぜヒゲ脱毛はここまで痛みが強いのか?
  • なぜ痛みが伴うのは仕方がないのか?


その理由をまずは分かりやすく解説していきます。

ヒゲ脱毛が痛い理由

ヒゲ脱毛がとにかく痛い理由は以下の3つです。

ヒゲ一本一本のムダ毛が濃いため脱毛機器の反応が強い

ヒゲ脱毛の方法は、医療脱毛クリニックで使用される「レーザー脱毛」と、メンズ脱毛サロンで使用される「光脱毛」のどちらかです。

そして、上記の2つの脱毛方法は、どちらもメラニン色素に反応して光を照射するという仕組み。

光を繰り返し毛根に当てるコトでダメージを受けて、結果的にムダ毛が抜けていくという流れになります。

しかし、男性のヒゲはジョリジョリと固く、一本一本がとても太く頑丈です。

それだけ、レーザー脱毛と光脱毛はどちらも過剰に反応してしまい、より強い痛みを感じる傾向があります。

自己処理を続けてきたコトで肌が慢性的な炎症を起こしているから

ヒゲ脱毛にかぎらず施術時の痛みは、肌のコンディションによって大きく異なります。

健康的な肌にくらべて、摩擦で炎症や傷がついていると施術中に感じる痛みが違うのです。

ほとんどの男性は毎日ヒゲを剃っている方ばかりでしょう。

電気シェイバーならまだ肌への負担も少ないですが、T字カミソリでムダ毛を処理している方は、同時に肌にも負担をかけています。

私自身、毎回ヒゲ処理をしていた頃はエラ骨のラインから毎回出血していました。

それだけに、T字カミソリでの自己処理は肌の炎症が起きやすく、施術中の痛みがより悪化しやすいのです。

顔の皮膚は薄く神経が通っているから

私達の身体は皮膚の厚さが部位によって変わります。

そして、皮膚が薄くなればなるほど敏感になり、痛みを感じやすくなります。

顔は身体のなかでもとても薄い部位のため、ヒザなどの厚い部位と比べるとより強く痛みも感じるのです。

また、常に顔は露出した状態のため、日光にさらされている状態になっています。

日光には紫外線が含まれていて、それは乾燥の原因

肌が乾燥するだけで、照射時の痛みはもちろん、自己処理のさいにも肌トラブルが起こりやすくなります。

つまり、施術中の痛みを感じやすくなる2つの原因となってしまうというコト。

施術中の痛みを抑えるためには、肌の炎症や日焼け対策が必須す。

ヒゲ脱毛の痛みはどのくらい違う?医療脱毛クリニックとメンズ脱毛サロンで比較!

メンズとレディース同様に、医療脱毛クリニック脱毛サロンの選択肢があります。

医療脱毛クリニックはレーザー脱毛機器を使用して施術をしますが、脱毛サロンでは使用が認められていません。

脱毛サロンでは、代わりにパワーの弱い光脱毛機器を使用して施術をおこなっています。

医療機関である医療脱毛クリニックのほうが、施術における権限が強いと思って問題ありません。

次に、レーザー脱毛と光脱毛の仕組みと痛みの違いを詳しく解説していきます。

  • レーザー脱毛パワーが強力でひとつの波長を肌に照射する
  • 光脱毛(エステ脱毛)パワーは弱いが、複数の波長の光で一度に広範囲で照射する

ヒゲ脱毛の痛みの強さは医療脱毛クリニックのほうが大きい

結論として、医療脱毛クリニックのほうが施術中の痛みは強く感じます

肌に照射するパワーがレーザー脱毛方式のほうが強いのですから、これは仕方がありません。

とはいえ、医療脱毛クリニックは万が一肌トラブルが起きても、常駐している医師によって診断と治療がすぐに受けるコトができます。

施術も看護師や医師によっておこなわれるため、安心感が大きいというメリットがあるのです。

他にも、

  • 照射パワーが強い分脱毛効果も高く、脱毛完了までの期間が短い
  • 一度脱毛が完了すれば永久にムダ毛が生えてこない


つまり、痛みは大きくても、医療脱毛クリニックにはメンズ脱毛サロンにはないメリットがたくさんあります。

“でも、ガマンできないほど強い痛みには耐えきれない”と思ってしまいます。

そんな方に朗報なのが、医療脱毛クリニックに用意されている対処法です。

痛みに耐えられない時の対処法は?

医療脱毛クリニックはメンズ脱毛サロンにくらべても施術中の痛みが大きいというデメリットがあります。

そのため、ヒゲ脱毛をおこないたくても、なかなかチャレンジできないという方も多いでしょう。

医療脱毛クリニックでは、そんな方のために「麻酔」という対処法をとっています。

つまり、感覚自体を麻痺させて、痛みを和らげた状態で施術をおこなうというコトです。

麻酔にも種類があって、麻酔クリーム」「笑気麻酔」「注射麻酔の3種類があります。

湘南美容クリニックでは2,000円の追加料金がかかりますが、痛みというストレスから解放されるのならうれしいですよね。

一方、メンズ脱毛サロンは医療機関ではないため、麻酔は使えません

そのため施術後におこなう冷却対応でダメージを軽減し、痛みを和らげるという方法がほとんどです。

大手のメンズ脱毛サロンであるメンズTBCは、脱毛後にオゾン水を肌の奥深くまで浸透させて、肌の乾燥を防ぎます

その上で特殊な冷却効果のあるジェルを幹部に塗るコトで、肌トラブルを防ぐという方法でアフターケアをしているのです。

どちらも痛みを軽減するための対処は用意しているコトが分かりました。

しかし、医療脱毛クリニックのほうが麻酔を使用しての対策なので、確実に痛みを和らげるコトができます。

痛くないヒゲ脱毛ができる医療脱毛クリニックとメンズ脱毛サロンの見つけ方

毎日鏡をみるたびに悩まされていた青ヒゲから解放されるためには、ヒゲ脱毛を受けるしかありません。

しかし、どうしてもヒゲ脱毛には強い痛みが伴います。

「ヒゲが太い」「皮膚が薄い」「肌が炎症している」の3つがその理由でしたね。

そのため、脱毛をしたいけど痛みを感じたくない方には、「麻酔」が使用できる医療脱毛クリニックがおすすめです。

痛みを軽減し、なおかつ短い回数でムダ毛脱毛が完了します。

医療脱毛クリニックのほとんどが麻酔を使用しての施術がうけられますが、契約をするまえに自身で一度確かめるようにしてください。

直接クリニックに電話しても良いですし、サイトで検索して調べても良いでしょう。

また、脱毛サロンでヒゲ脱毛を受けたいという方は、「最新脱毛機器」を採用しているところがおすすめです。

痛みを完全に防ぐコトはできませんが、最新脱毛機器を利用すれば従来の機械よりは痛みが軽減できますよ。

最後に結論です。

メンズ脱毛サロンよりも医療脱毛クリニックのほうが、痛みの対策も施術効果も高いというメリットがあります。

手っ取り早く、ストレスなく終わらしたいなら、医療脱毛クリニックを検討してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です