ニードル脱毛ができる医療脱毛クリニック5選!痛みや料金についても調査

あまり聞き慣れないかもしれないけれど、ニードル脱毛っていう脱毛法があるの。

その名の通りニードル(針)を使った脱毛なんだけど、何だかそれだけで痛そうなイメージよね。

でも、実際にはどうなのか、それにどんな医療脱毛クリニックでニードル脱毛ができるかっていうのも見ていきましょう。

これを知ればもっと完璧な脱毛に成功できるわよ!

 

ニードル脱毛ができる医療脱毛5つのクリニックを発表!

どの医療脱毛クリニックでもニードル脱毛ができるっていうわけじゃないの。

比較的大手(アリシアクリニックやレジーナクリニックなど)でやっている所は少ないといえるわね。

じゃあどこでできるの?って、話になるわよね。

焦らなくて大丈夫、ここではニードル脱毛ができる医療脱毛クリニックを紹介するわ。

気になる費用や施術時間、脱毛完了回数も人気の脱毛部位であるわき脱毛で比較していきましょう!

 

ビューティースキンクリニック

 

トータル費用 2,30万円
1回の施術時間 約30分
平均脱毛完了回数 5回

 

小林・山田式絶縁針脱毛を導入していて、ニードル脱毛経験豊富な看護師が施術をするから、安心よ!

しかも痛みも軽減されてやけどの心配が少ないというのもお肌にダメージが少なくなるし、恐怖も避けられていいわよね!

 

でもさ、それでもやっぱり痛いんだよね?
麻酔とか使えないの?

 

いい質問ね。

麻酔を使うなら麻酔クリームでも注射タイプでも別途費用が発生して、1回3,200円よ。

 

渋谷皮フ科医院

 

トータル費用 10万円
1回の施術時間 2、30分
平均脱毛完了回数 5回程度

 

渋谷駅から徒歩1分という立地も最高なクリニックなの。

初診料、検査料、針代、それと軟膏代として最初に12,500円かかるからこれも覚えておいてね。

 

トータル費用を見ると安いけど、結構それ以外にかかるんだね

 

そうなの。

例えば、痛みを避けるために麻酔クリームをするとなったらさらに5,000円が1回につき必要よ。

料金はどの部位も5分で3,000円っていう設定(毛の本数ではないから毛が多い人にはラッキーな面もある)なんだけど、これも毛の多さによって異なるのも要注意よ。

 

なるほど、やっぱりトータル費用以外の面も見なければいけないってことだね

 

美容皮膚科 川口クリニック

 

トータル費用 10万円弱
1回の施術時間 2,30分
平均脱毛完了回数 3,4回

 

なんか値段や回数から考えてもパーフェクトじゃない?ここのクリニック。

でも、麻酔代とかは高いの?

 

そんなこともないの。

初診料・血液検査料・針代・軟膏代を含めて12,300円が最初にとられるけど、麻酔はなんと無料よ(ワキとVラインのみ)!

脱毛料金も最小が5分で3,240円だから比較的リーズナブルよ。

専門の先生が対処してくれるというのもありがたいわよね。

 

横浜ベイクリニック

 

トータル費用 15万円程度
1回の施術時間 30分
平均脱毛完了回数 3~5回

 

初回は初診料、血液検査、針代が別途12,000円かかるわ。

その前にテストしたいというのであれば、さらに4,000円必要になるのも覚えておいて。

そして、注意しなければならないのが、遅刻に非常に厳しいということ。

 

もしかしてペナルティがあるの?

 

そうなの。

平日9,000円(15分)土日9,750円(15分)にもなるから絶対に遅刻しないようにして!

それにね、麻酔代も1回10,000円になるから痛みに弱い人はエクストラの費用がイタイかも。

さらに、針代も、大体1回の施術で1~3本必要になるんだけど、1本あたり5,000円がかかるから毛量が多い人はさらに追加料金が発生する可能性大ね。

 

河合皮膚科医院

 

トータル費用 10~15万程度
1回の施術時間 2,30分
平均脱毛完了回数 4,5回

 

上記4クリニックは首都圏にあるんだけど、この病院は大阪の中心地、難波にあるの。

料金は5分で3,000円だから通常価格よね。

だけど、もちろん初期費用も発生して、血液検査と針代で10,000円以上別途かかるわ。

麻酔に関しては、麻酔クリームなら1回3,000円、麻酔テープなら1枚200円からよ。

 

麻酔テープの方が安いからそれを利用したいけど痛みはどうなの?

 

もちろん、個人差はあるんだけど、かなりこの麻酔テープで痛みは抑えられるっていう体験者の声は多いわ。

 

ニードル脱毛って何?

って、ここまでニードル脱毛ってわかり切ったように伝えてきたけど、そもそもニードル脱毛を知らない人も多いと思うの。

ニードル脱毛について説明するわね。

 

ニードル脱毛っていうのは、毛穴1個1個に絶縁針をいれて電気を流すというもの。

(昔はニードル針をそのまま入れて電圧を流していたんだけど、当然火傷するわよね。だから今は火傷しない絶縁された針を使うの)

そうすると、毛を生やそうとする組織や細胞を破壊するから永久的な脱毛ができるというわけ。

通常の医療脱毛でもほぼ永久脱毛が可能だけど、これはもっと確かな脱毛ができるの。

その永久脱毛の完成度を認めるものとして、アメリカ食品医療品局がニードル脱毛は永久脱毛であるということを認めているわ。

 

でも、時間もかかりそうだし、お金もかかりそうだね

 

そうなのよね。

脱毛完了までの回数は、1回で効果がかなりあるから従来の医療脱毛よりも回数はやや少なくなるけど、全身やるとなればかなりの時間がかかるわ。

費用自体は毛の量や時間で換算されることが多いから、毛量が多い人ほどそのコストはどんどん上がっていくわ。

 

ニードル脱毛ってどんな風にやるの?

そんなニードル脱毛はどんな風にして始まるのか、その流れを教えるわね。

 

まずは従来の医療脱毛や脱毛サロンでの脱毛と同じように、カウンセリングからスタートよ。

そして、初診の日に脱毛のことについて聞いたり、血液検査が行われるんだけど、ここでテスト脱毛もすることができる所もあるわ(有料)。

それから後日施術って感じね。

 

普通の脱毛だったら血液検査なんてないのに、どうしてニードル脱毛にはそれがあるの?

 

それは院内感染などを防ぐためで、肝炎やHIVにかかっていないかを調べるのよ。

使う針も契約者専用の針を買って使うの。

これも当然よね。

だって、針の使いまわしなんてそれこそ病気が感染する原因だもの。

だからこそここで針代として別途費用が発生することもあるから、ニードル脱毛は決してリーズナブルな脱毛ではないわ。

 

ニードル脱毛のメリットとデメリットについても押さえておこう!

特に完璧な脱毛をしたい人はニードル脱毛が気になるでしょ?

でも、その前にそれをやるメリットとデメリットをおさえておきましょう。

 

まずはメリットよ。

ほぼ完璧な永久脱毛ができる
FAD(アメリカ食品医薬品局)がこの脱毛法だけを永久脱毛と認めている方法だから、よりきれいなお肌を得たい人におすすめよ。

 

お手入れも楽

当然お手入れも楽になって、時間も節約できるわ。

 

ステロイドを使っている人もできる

通常ステロイドを服用中の人は医療脱毛ができないの。

でもニードル脱毛はできるから、そういう人にとってはありがたい脱毛方法でもあるし、夢をかなえることができるわ。

 

そして、次はデメリット。

ニードル脱毛はかなり痛い

普通に想像できると思うけど、ニードル脱毛はかなり痛みを伴う脱毛法なの。

ヤグレーザーもハイパワーのレーザー脱毛だから痛いんだけど、それよりも毛穴の奥へ働きかけるから痛みが弱いっていう方は特に痛いと感じるわ。

 

コスパが悪い

手間もかかればニードル脱毛を行っているクリニックも少ないでしょ?

だからこそ費用も従来の医療脱毛よりもぐっとアップするわよね。

だって、上で紹介したわき脱毛だけで10万円以上よ?

 

確かに、医療脱毛で全身脱毛するのと同じくらいかかることもあるから高いね

 

しかも、麻酔代とか初診代も基本的にはかかる所ばかりだから、そのコスパの悪さはデメリットとなるわね。