脱毛クリームはなぜ毛がなくなるの?どうやって除毛するのか徹底解説

脱毛クリームの仕組みを徹底調査

脱毛クリームは、人気の高いムダ毛処理方法です。

セルフ脱毛では、

カミソリよりもおすすめです。

しかし、脱毛クリームを使ったことがない方の中には、どういう仕組みで毛がなくなっているのか知らない方もいるはずです。

脱毛クリームは、アルカリ性の成分を含んでいるクリームです。

処理方法は、ムダ毛を溶かして処理しています。

溶かすというと危険な気がしますが…、用法と用量を守って使えば、人体に害を与えることはありません

最近では、肌が弱い人のための脱毛クリームも販売されているので、安心です。

しかし、必ず影響を与えないということは保証できないため、一度パッチテストをして異常がでないことをチェックしてから、使用するようにしてください。

脱毛クリームで毛がなくなる仕組みとは

脱毛クリームで毛がなくなる仕組みについて、まずは紹介します。

脱毛クリームの成分は、アルカリ性です。

代表的な成分が薬剤「チオグリコール酸カルシウム」です。

この薬剤・チオグリコール酸カルシウムがアルカリ性の物質です。

ムダ毛の成分はタンパク質ですが、そのタンパク質を溶かすことができるのがチオグリコール酸カルシウムなのです!

脱毛クリームに含まれる有効成分チオグリコール酸カルシウムを、塗ることによってムダ毛に浸透させ、それを拭きとることで除毛できるのが、脱毛クリームの仕組みです。

脱毛クリームを塗った後に、一定の時間、浸透させるためにその状態で放置します。

この時に、毛をつなぐ「シオチン」の結合を溶かすことで、毛がやわらかくなります。

ふき取るときに、分解されたボロボロの状態の毛が、どんどん落ちていき、つるつるの肌が現れます。

ムダ毛を作る部品同士をつなぐための接着剤を、チオグリコール酸カルシウムが分解してくれます。

シオチンの結合を分解することで、ムダ毛を作る部品をばらばらにして、除毛することが可能となります。

そのため、脱毛クリームでできるのは、表面に生えてきているムダ毛を処理することだけなのです。

脱毛クリームである以上は、毛根から処理できる脱毛クリームは、絶対に存在しません。

もし、脱毛クリームだけでなく抑毛も行いたいのであれば、抑毛ローションを使いましょう。

抑毛ローションと脱毛クリームを一緒に定期的に利用すれば、だいぶムダ毛を抑制できる可能性が高いです!

安全な脱毛クリームを選ぼう!

より肌に安全な脱毛クリームを選ぶ際に、重要なポイントとなるのは「敏感肌用」と表記があるかどうかです。

また、発売されている期間が長いのも、ポイントとしては高ポイントです!

低刺激のもので、販売されてから愛用者がたくさんいる脱毛クリームを選びましょう。

価格帯はさまざまで、値段が高い脱毛クリームもありますが、

「値段が高いアイテム=良いアイテム」
というわけではありません!

価格の相場としては、2,000円から3,000円前後の価格帯が脱毛クリームの相場のようです。

実際にパッチテストをするまではわかりませんが、利用したことのある方の口コミやレビューを読むことも役立つポイントです。

自分に合った脱毛クリームを選ぶように、できる限りのチェックは行いましょう。

安全と言われている低刺激な脱毛クリームの特徴は、以下のような特徴があります。

主成分は、チオグリコール酸カルシウムですが、それ以外にも様々な成分が脱毛クリームに配合されています。

その中に、植物成分が配合されているかどうか、チェックしてみてください。

また、厚生労働省が認可したというマーク医薬部外品と言う記載もあるか、チェックしてください。

脱毛クリームだけに限りませんが、医薬部外品の表記があるアイテムを選ぶことが安全につながります。

安全に使うためのチェックポイント!

脱毛クリーム自体は安全なアイテムですが、どうしても肌トラブルが発生する可能性はあります。

そのようなトラブルに遭遇しない様に、安全に使うためにもチェックしてほしいのが以下の点です。

それは、パッチテストを必ずすることです。

パッチテストとは、肌に異常がないかを見るためのテストです。

脱毛クリームのパッケージにも必ず記載されているので、しっかりと行いましょう。

パッチテストの方法は簡単です。

  1. 除毛したい部分の肌に、脱毛クリームを10円玉くらいの大きさだけ塗ります。
  2. 説明書を読み、脱毛クリームを塗って何分放置するように書かれているのかチェックします。
  3. その記載の時間、脱毛クリームを塗ったまま放置して、時間がきたらふき取り、洗い流しましょう。
  4. そのとき、肌に異常がないか確認します。
  5. すぐに使用することは避けて、パッチテストをした24時間以上あとにもう一度肌に異常がないかチェックしてください。

肌に異常がない場合には、パッチテストで合格ですので、脱毛クリームを使用して脱毛を行いましょう。

その際も説明書はちゃんと読んでください。

安全ではありますが、放置時間を長くしてしまうと、本来は害がないはずの「チオグリコール酸カルシウム」が肌に影響を与える可能性があります。

正しい使いかたで、安全な脱毛クリームの使用を心がけてくださいね!